皆様、こんにちは!

GWも終わり、普段の日常に戻られた方も

多いと思います。

のびのび過ごした後、普段の仕事に戻って、

”腰がダルいな。。”

”腰痛がぶり返したな!”

と感じている方もお見えになる筈。

 

特に、一日中、

”立ちっぱなし”

”座りっぱなし”

”中腰の姿勢が多い”

など、同じ姿勢が多い方は、腰痛になり易い

傾向があります。

 

その中でも、今回は、

”座りっぱなし”

の問題点をクローズアップしたいと思います。

 

5faaa39901ced4ee5c32b49325c17c22_t[1].jpg

 

そもそも同じ姿勢で長時間いる事は、

使い続けている筋肉に過剰な負担を強い、

それらの筋肉が硬直していきます。

座りっぱなし が続けば、当然、座って

いる状態で使っている腰回りの筋肉が

硬直していき、腰痛を引き起こします。

 

それだけでなく、現代人に多いのですが、

イスに浅く座る姿勢 が非常に良くないです。

 

浅く座る と、腰・骨盤が猫背 なり、

骨盤が後ろに倒れた状態 となります。

 

この状態は、腰・骨盤周辺の筋・筋膜

大きな負担を強い、筋・筋膜の硬直・

ねじれなどを作っていき、腰痛の症状を

作っていくのです。

 

ある意味、

座りっぱなし、イスに浅く座る という行為

は、頑張って腰痛を作っている様なもの。

 

最低でも30分に一回は立ってみる

(座りっぱなしを中断する)

 

イスに深く座って骨盤を後ろに倒さない

(骨盤は前傾20°が理想)

 

を心掛けて、デスクワークの腰痛を改善

していきませんか?

 

 

コメント
コメントする