皆様、こんにちは!

 

このブログをご覧になられている方で、

腰痛のお悩みをお持ちの方は

おみえになるでしょうか?

 

”デスクワークで座りっぱなし”

”販売で立ちっぱなし”

”力仕事が多く、中腰で踏ん張る”

などなど、日々の頑張りで腰に無理を

かけている方も少なく無い筈。

 

まあ、中には、

”ゴロゴロと変な姿勢でテレビやゲーム、

ネットをし過ぎて、腰が痛くなった!”

なんて方も見えるかもしれませんが。。。

 

 

ところで、腰痛対策に、

”筋トレをして、腹筋・背筋を鍛える”

なんて事を聞いたことがある方も

みえるかと思います。

実践されている方もみえると思います。

 

いろいろな考え方があります。

”腹筋(もしくは背筋)を鍛える事で、

腹筋・背筋の負担のバランスを適正化

して、腰痛のリスクを減らす”

”筋肉を強化し、ある程度の負担に

耐えれる様にする”

などなど。。

実際の所、腰痛対策には、本当に筋トレ

で腹筋・背筋を鍛えた方が良いの

でしょうか?

 

そもそも、腰痛とはどういう状態か

を整理したいと思います。

私が臨床で拝見する限り、一部、

腰椎・骨盤など骨格のズレ・変位の

問題もあります。

が、大半は、腰周辺の様々な筋・筋膜

の硬直・捻れなどが原因です。

そう、大雑把に言うと、筋肉・筋膜・

皮膚などがカチカチに硬くなって、

それが元で痛くなっているのです。

 

次に、筋トレについて少し考えたいと

思います。

筋トレは、筋肥大(筋肉の破壊と再生に

よる筋肉の成長)を目的としています。

 

 

筋トレしていくと、少しづつ筋肉が

増えて、パワーアップしていきます。

パワーアップして筋肉のパフォーマンス

が上がるだけだったら良いのですが、

弊害もあるのです。

 

トレーニングをした後、体操・ストレッチ

などのメンテナンスで筋肉を柔らかくして

いかないと、筋肉は強くなるのと同時に

カチカチに硬くもなっていくのです。

 

そう、腰痛の原因と同じ、筋・筋膜など

が、カチカチに硬くなるのです。

 

実際、Da Binji の腰痛の患者様の原因の

3割は、腹筋の硬さから、です。

 

 

「本日のまとめ」

 

筋トレは、トレーニング後に筋肉を柔らかく

戻すメンテナンスをしっかり行う。

そのメンテナンスが出来ないのだったら、

筋・筋膜の硬直を作る原因になるので

筋トレはしない方が良い。

(スポーツ選手などの特殊事情は含まない)

 

☆腰痛対策には、筋・筋膜などを柔らかく

 戻すエクササイズや治療・療法を!

 

腰痛の方は、参考になさって下さいネ!

 

コメント
コメントする