2018.7月末早朝、我が家の愛猫が玄関から脱走してしまいました。

探し回って見つけるも捕まえられず、困り果てていたが16時間の冒険に満足したのか帰って来ました。

猫って家の中だと家族を認識していても、外に出ると認識できないらしい。(ネットで学びました)

二度と同じ間違いが起こらない様に、玄関に脱走防止扉を作ります。

 

 

,海里茲Δ淵僉璽弔ホームセンターにあったのでこれをこのまま利用します。

1枚2000円位です。4つを縦に2段横に2段、「田」の字にボンドでくっ付けます。

 

 

△っ付けたパーツの周りを別の木材で囲いドアにします。

パーツの周りには100个量攤爐琶箒し、枠組みは250个量攤爐念呂ぁ

ドアになるようにします。

その時真ん中の格子部分と枠の木材の間は200丱好據璽垢魘けました。

これはデザインと利便性を備えています。

上下の木材ですが、上部はビスで固定する為、

ボール盤で穴を4か所空けてあります。

下部は、トリマーで溝を掘り更に溝の中に2段の穴をボール盤で空けています。

 

ぅ椒鵐匹肇咼垢埜把蠅掘▲好廛譟璽縫垢2度塗りして乾いたら扉の完成です。

イ海糧發膨澆蠍夕屬鯢佞吋譟璽襪鯢澆い萄険Δ貌阿ように設置しました。

レールはL字アングルに薄い木材をくっつけて、レールを固定しているだけです。

扉は下駄箱の後ろのスペースに入ります。

すごく軽く開閉します。ガイドを付けているので、扉が前後に動く事はありません。

扉の下部に掘った溝の中をL字アングルが入るようになっています。

ドア自体はマグネットで止まるようにしていますが、それだけでは不安なので鍵も付けました。

 

写真の上部のスぺ―スが気になりますよね。

猫がその気になれば登って来れそうなので、上部にも格子をつけました。

 

 

我が家の猫達は不満そうですが、

私達家族は玄関のドアを開ける時の緊張が無くなりました。

 

コストはトータルで2万円8千円でした。

今回は初めてのDIYでビスやニス、ドライバー、ホームセンターで借りた工具の料金、

なども全て購入しています。

途中失敗して再購入した木材も入っています。(^^*)

 

すごく大変でしたが、終わってみると楽しい経験でした。

ネットで様々な方のアイデアを参考にさせて頂いたので、

結果報告の意味でアップさせて頂きました。

 

大切な家族の猫が脱走してしまうと精神的なダメージが甚大です。

捕獲にかかる費用もすごくかかります。(猫探偵って数十万円かかるんですよ)

防げる不幸は防いだ方が絶対良い。と実感しました。

 

今猫を飼ってる人も、これから飼う人も同じ思いをして欲しくない。と思います。